現在地 :
>
>
>
デメリットとトラブル

医療レーザーを使った永久脱毛のデメリットとトラブル

医療レーザー脱毛による永久脱毛法のデメリットと起こりうるトラブルについて

医療レーザー脱毛による永久脱毛のデメリット

白髪や薄い毛は脱毛出来ない
医療レーザーが、黒い色素(メラニン)のみに集中するため、メラニンが少ない(無い)白髪や薄い産毛では脱毛されません。
毛を抜いて自己処理している人は脱毛出来ない
医療レーザーは、黒い毛根部分に反応して永久脱毛しますので、カミソリなどで剃って自己処理をしている場合は問題ありませんが、毛抜き等で抜いてしまっている場合は、レーザーが反応しないため、脱毛が出来ません。
日焼けしていると出来ない場合がある
これも医療レーザーの特徴が黒い色素(メラニン)のみに集中することから、日焼けしている肌はメラニン量が増えているため、肌表面にレーザーが反応してしヤケドをする可能性が多くなるためできない場合があります。
※日焼けを防ぐために、日焼けどめやファンデーションを利用することは出来ますが、施術当日は、医療レーザーが日焼けどめやファンデーションに反応してヤケドを引き起こす可能性があるため使用してはいけません。
シミ、アザ、ホクロがあると出来ない場合がある
日焼けと同様に、濃いシミやアザ、色素沈着の強い部分、ホクロがある場合、医療レーザーを照射することでヤケドをする可能性が高くなり、できない場合があります。
乾燥肌の方、妊娠中の方は出来ない場合がある
すべての人がそうというわけではありませんが、乾燥肌の方や妊娠中の方の一部はレーザーをあてることが出来ない場合があるため、レーザー脱毛出来ない場合があります。

医療レーザー脱毛による永久脱毛のトラブル

ヤケドによるトラブル
トラブルはヤケドが一番起こりうるトラブルです。日焼けやシミなどのお肌の状態、日焼け止めやファンデーションの影響、医療レーザーの出力が強すぎる、適切な冷却措置を怠る、といったことが要因となって、やけどを引き起こす可能性があります。
医療レーザー出力の不安定
医療レーザーの出力は必ずしも安定しているとは言い切れません。出力が高すぎればヤケドを引き起こすこともあります。スタンバイ状態で放置すると出力が高まることがあり、空照射が必要だと言われています。

医療レーザー脱毛症例案内

Copyright(c) 2006-2017 永久脱毛のすすめ.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com