現在地 :
>
>
>
永久脱毛の歴史

永久脱毛の歴史

永久脱毛が現在に至るまでどういった技術革新をしてきたか?ご紹介いたします

永久脱毛の歴史って意外と古いんです

脱毛の歴史は意外と古く、美を追究する女性にとって、脱毛は重要な身だしなみとして古来より行われてきたといわれています。

今からおよそ2万年ほど前
鋭利な石器や火打石の欠片、貝殻、動物の骨などを用いて削り取るようにムダ毛を剃っていた、と考えられています。
紀元前4~3世紀
美観や宗教的な目的で、香料を混入した粘り気のあるペースト状態の油脂や澱粉を肌の上に転がして脱毛を行っていました
紀元前3世紀頃
シュメール人(メソポタミア南部を占めるバビロニアの南半分の地域)はピンセット若しくは毛抜きを用いて脱毛し、古代アラビア人は縄を体毛の上に転がして縄目の撚りを利用して脱毛していました
紀元前300~100年
この時代の古代ギリシアの出土品の中に青銅製のピンセットが現存しています
紀元前70~30年頃
世界三大美女の1人とされる(今から2000年以上も昔の)古代エジプトの女王「クレオパトラ7世」が、蜂蜜・砂糖・レモン汁でつくられた脱毛剤(今でいうなら脱毛ワックスのようなもの)を脱毛したい部位に塗布し、固まったら一気に剥がすことでムダ毛の処理(脱毛)をしていた、といわれています。また、埋葬品の中にも青銅製の剃刀が存在しています
紀元1世紀頃
ローマの公衆浴場では男性も体毛を抜くようになった、といわれています
平安時代(8~12世紀)
日本では、表面が滑らかで、同種の貝でさえも別のものでは決して合わない二枚貝のハマグリの外縁部を使い、額の生え際を整えるため毛を抜いていました。


永久脱毛は、毛の仕組みの解明や技術の進歩によって、最近では人体への影響も無く、痛みも少ない永久的な効果が期待される治療へと進歩しました。

それでは、永久脱毛が現在に至るまで、どういった技術革新をしてきたか見てみることにしましょう。

  1. 電気分解法(熱解離法)の歴史【1875年~】
  2. X線脱毛の歴史【1904年~】
  3. 高周波脱毛法の歴史【1924年~】
  4. ブレンド脱毛の歴史【1948年~】
  5. レーザー脱毛の歴史【1995年~】
  6. 光脱毛の歴史【1998年~】

電気分解法(熱解離法)の歴史【1875年~】

方法
電気分解法(熱解離法ともいいます)は、発毛組織に直流電流を流して組織液を電気分解し、その時に出来るアルカリ液(水酸化ナトリウム)が毛包組織を破壊することで永久脱毛を達成するという方法です。
1875年
アメリカの眼科医”チャールズ・E・ミッチェル博士”が逆さ睫毛の治療法として使用されたのが最初です
1916年
ニューヨークの”ポール・N・クリー”氏がこの電気分解式脱毛法を効率的に改良したことにより、医師以外の脱毛技術者が増え、全米で広く認知されるようになりました
1924年
フランスの”アンリ・ボルディエ博士”が、新しく高周波式電気脱毛法を発明
※1948年以降、高周波脱毛法と組み合わさってブレンド法

X線脱毛の歴史【1904年~】

方法
X線を利用した永久脱毛法
1900年ごろ
アメリカでスタート
その後
永久脱毛としての効果はあったものの、シミ・シワ・傷などの副作用がみられ、脱毛後10年以上経って皮膚ガンになるケースが発生し、次第に行われなくなりました。

高周波脱毛法の歴史【1924年~】

方法
高周波電流を使用する永久脱毛法で、発毛組織を凝固させて機能させなくする方法です。高周波の加熱作用によって、電気脱毛に比べて処理時間が早いというメリットを持っています。
1924年
フランスで考案される。
1940年代
高周波法脱毛器に真空管が使用されるようになり、高周波法脱毛器の性能が向上し普及が進みました。高周波の加熱作用により、発毛組織を凝固させて機能させなくする方法で、電気脱毛に比べて処理時間が早いというメリットを持っています。

ブレンド脱毛の歴史【1948年~】

方法
電気分解法高周波電流法のふたつの長所を組み合わせることによって脱毛効果を高めた方法です。現在主流となっている美容電気脱毛法の1つです。この永久脱毛方法は、毛包にプローブ又はニードルと呼ばれる針を挿入し、微量の電流を流すことによって毛をつくる組織を破壊することで永久脱毛を達成させる手法です。
詳しくはこちらをご覧ください。
1948年
”アーサー・R・ヒンケル”氏 と ”ヘンリー・E・セイント・ピエール”氏によって、電気分解法高周波電流法それぞれの長所を生かし欠点を補うために、2つの脱毛方法を組み合わせる形で発明。
1970年代
日本にブレンド式脱毛器が輸入され、その後美容外科や皮膚科といった医療機関やエステティックサロンで施術が行われるようになり普及してきました。

レーザー脱毛の歴史【1983年~】

方法
黒又は茶色に対して反応するレーザー光を照射することで熱エネルギーによって毛母や毛乳頭などの組織を破壊し、永久脱毛を達成させる手法です。
詳しくはこちらをご覧ください。
1983年
アメリカ ハーバード大学の”Rox.アンダーソン”博士の「選択的光熱融解」理論(レーザーの照射時間を短くすることで、周りの組織にダメージを与えずに特定の組織のみを選択的に反応させることができる)が発表されたのを期に、皮膚科を始めレーザー脱毛の開発が始りました。
1995年
アメリカ レーザー学会にてレーザーを用いた脱毛が取り上げられるようになる。
1996年
Andersonグループがレーザー脱毛理論を発表。
1997年
日本上陸
1998年~99年
アメリカのメーカーが、レーザー脱毛効果を“永久減毛”という表現でFDAに申請し認可される。
※本記事掲載時点では、 FDAが脱毛用レーザー機器に対してその安全性を認め販売を認可したものは、15のレーザー脱毛機、2つのパルスライト脱毛機(光脱毛)、そして、6つのレーザー脱毛機に対して、「永久減毛」という表現を使用することを認めています。
2000年
財団法人日本エステティック研究財団により、エステティックサロンで使用するレーザー脱毛機の安全テストが治験者数十人に対して治験期間2年で開始される。その後、2002年にテスト終了。
2001年
レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を根毛部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為は医師でなければ出来ない行為として厚生労働省から通知が出される。

光脱毛の歴史【1998年~】

方法
黒い色素に選択的にエネルギーが吸収される光を利用して永久脱毛をする手法で、強力な白色ランプからでるさまざまな波長が混ざった光(cf 医療レーザーは単一光)をフィルターにかけることで毛母細胞を破壊することが出来る波長の光を取りだし、その光を照射することで、毛根と毛包を破壊し、永久脱毛する方法です。
詳しくはこちらをご覧ください。
1998年頃
日本上陸
1998年以降
FDA(米国・食品医薬品局 日本の厚生省にあたる)が、2台の光脱毛機に販売許可

部位別お勧め永久脱毛法

Copyright(c) 2006-2017 永久脱毛のすすめ.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com