現在地 :
>
>
>
部位別お勧め永久脱毛法

部位別お勧め永久脱毛法

身体の部位ごとに最適な永久脱毛方法についてご紹介いたします

部位別の最適な永久脱毛法って!?

お体の場所によって毛の種類が異なったり、生えている面積も異なりますので、脱毛を希望する部位ごとにその最適な永久脱毛法も異なります。
ここでは、部位別に、一般に広く利用されている「医療レーザーを利用した永久脱毛」と「電気絶縁針を利用した永久脱毛」に絞って、いずれの方法による永久脱毛がよいかの判断基準をご案内いたします。

いずれの方法でも、(一定の条件下では)どの部位も永久脱毛出来ますが、一般的には広範囲の部分はまず医療レーザー脱毛を行い、残った部分(うぶ毛など)や日焼け等によって医療レーザー脱毛が出来ない部分について、電気絶縁針脱毛を行うことが一般的です。

医療レーザー脱毛では美白効果も期待されるため、まずは医療レーザー脱毛を。ただし、レーザーは黒いものに反応するため産毛には反応しません。したがって、産毛も含めて完璧を目指したい方には、残った産毛を電気絶縁針で行うのがよいでしょう。
また、女性の場合は、「うぶ毛をできるだけ永久脱毛で少なくする」ことで、見た目はもちろん、メイクの乗りが格段によくなったり、毛穴を引き締めるといった効果も期待できます。ただし、うぶ毛は医療レーザーの特性上他のお身体の部位と比較して多めの施術階数が必要な場合が多いです。
ワキ
最後の1本まで完全に脱毛したい敏感な部分であり、絶縁針脱毛法が最適かと思われます。ただし、全てを電気絶縁針にすると費用もかさむため、懐具合と相談してまずは医療レーザー脱毛を行って、ある程度毛量を減らしてから残りを電気絶縁針にするのも選択肢かと思われます。
また、医療レーザーや電気絶縁針による永久脱毛は、ワキガの原因であるワキの毛根にあるアポクリン汗線と呼ばれる皮脂線の一部も同時に破壊することができるため、ワキガを軽減する効果もあります。
比較的広範囲であるため、まずは医療レーザー脱毛を。照射後に残った産毛が気になるようなら残った部分について絶縁絶縁針脱毛を行います。
背中
比較的広範囲であるため、まずは医療レーザー脱毛を。照射後に残った産毛が気になるようなら残った部分について絶縁絶縁針脱毛を行います。
Vライン・性器・肛門
最後の1本まで完全に脱毛したい敏感な部分であり、絶縁針脱毛法が最適かと思われます。ただし、全てを電気絶縁針にすると費用もかさむため、懐具合と相談してまずは医療レーザー脱毛を行って、残りを電気絶縁針にするのも選択肢かと思われます。
【ブラジリアンワックス脱毛】
Tバック発祥の国ブラジルから命名されたという説のある「ブラジリアンワックス脱毛」は、女性がTバックのビキニ水着を着用するために行われるようになったもので、ビキニラインの部位を含むワックス脱毛の一種です。肛門、会陰、および外性器(大陰唇もしくは男性器、および恥丘)周辺の毛を完全に取り除いたり、外性器の上部の陰毛を小さな線状に残す、全て取り去るなど、ヘアのデザインは好みで決めることができます。『アンダーヘア脱毛』と呼ばれることもあります。
「ブラジリアンワックス脱毛」という言葉自体は最近できたものですが、女性の陰毛の処理は古代ギリシアの時代から欧米では普通に行われてきたことでごく一般的です。日本でも、陰毛を脱毛処理した女性という意味の「ハイジニーナ(衛生的<hygiene> な女性という意味)」という言葉が雑誌に多く取り上げられるようになり、若い世代を中心に広く行われるようになりました。
比較的広範囲であるため、まずは医療レーザー脱毛を。照射後に残った産毛が気になるようなら残った部分について絶縁絶縁針脱毛を行います。
女性の永久脱毛部位

クリニック選びのポイント

Copyright(c) 2006-2017 永久脱毛のすすめ.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com