現在地 :
>
>
>
毛に関する疾患

毛に関する疾患について

毛に関連する疾患の種類とその内容について説明します

多毛症とは?

人種や性別・年齢が同じ層の人と比較して、その大多数の人よりも部分的または全身的に体毛の量が多い症状のことを多毛症といい、次の3つのパターンに分類されます。

特発性多毛症
多毛症の半数近くを占める体質的・遺伝的な多毛症状(先天性)
多嚢胞性卵巣症候群
男性ホルモンの生産源である卵巣の異常によって男性ホルモンが過剰に分泌されもことで多毛となる症状(後天性)
その他の原因
副腎の異常、下垂体の異常、薬剤の副作用などが原因による多毛症状

特に、若い女性で顔や体幹に男性の体毛パターンに似た硬毛化が発生している場合、多毛症の可能性があります。

多くの場合、血中の男性ホルモン(アンドロゲン)レベルを下げるホルモン療法が行われてきました(頬や手足など、男性ホルモンの影響が少ない箇所に症状が現れている場合のホルモン治療は効果が薄いようです)が、最近では、副作用が少なく比較的安全な医療レーザーを利用した永久脱毛電気絶縁針を利用した永久脱毛によって治療するケースが多くなってきているようです。

ただし、こういった多毛症は必ずしも治療しなければならないというものではありませんので、あくまでも本人の意思によって治療する・しないを判断することになります。

脱毛症とは?

精神的ストレスや様々な疾患(およびその治療過程における副作用)、ホルモンバランス、栄養障害等によって、正常な毛の発育や周期に異常が発生し、毛が薄くなったり抜けてしまうことを脱毛症といいます。

毛に関する様々な悩み

Copyright(c) 2006-2017 永久脱毛のすすめ.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com