現在地 :
>
>
>
毛に関する様々な悩み

毛に関する様々な悩みについて

ムダ毛処理や埋没毛など、毛に関するお悩みは尽きないものです

ムダ毛処理にうんざり・・・

多毛症の方はもとより、そうした毛が多い方でなくても、女性の美に対する欲求の現れからムダ毛を気にしている方は多く、最近では、男性もひげなどのムダ毛に悩んでいる方も大勢いらっしゃるようです。

こうした悩んでいる方は、自己処理の手間や結果としての肌荒れ、多毛症の方は更に精神的なコンプレックスといったストレスを抱えていることが多く、健康にも良くありません。

皮膚科や美容外科で永久脱毛をすることで精神的ストレスから解放されましょう。

埋没毛(埋もれ毛)で悩んでいます・・・

埋没毛(まいぼつもう)とは、 皮膚内で発毛・成長してしまった毛のことで「埋もれ毛」とも呼ばれています。
一般的には、毛抜きやカミソリを使ってムダ毛処理した際に発生しやすく、次のようなことが原因となり埋没毛が発生してしまいます。

  1. 処理時に皮膚が傷つくことでかさぶたが出来、これが毛穴をふさいでしまい、毛が皮膚表面に出てこられなくなる
  2. 毛が切れることで先が尖り、毛穴ではない皮膚内を貫通してしまう

埋没毛は、鳥肌状に肌荒れを引き起こす原因になりますが、自然に皮膚に出てくる場合や、成長が止まった段階で自然に分解され排泄されてしまいますので治療を行う方はあまりいらっしゃらないようですが、中には、色素沈着を起こしたり、炎症を起こし毛嚢炎になることもあるようです。そういった場合には、皮膚科や美容外科を受診して、医療レーザーを利用した永久脱毛により、埋没毛の部位を取り除く処置がなされます。
※自己処理される場合は、患部や針をきちんと消毒して行わないと、新たな炎症の原因にもなりますので、気になる方は皮膚科や美容外科の受診をおすすめします。

いくら自分でムダ毛処理しても次から次に生えてくるんですが・・・

毛の構造のページでも触れていますが、抜いた部分と同じところから新たな毛がすぐに生えてくるということではなく、人間の毛の約70%は皮膚の中に眠っており、これらの毛が成長することによって「すぐに生えてきた」と感じるようになります。
毛が再生しないようにするには、毛を作る「毛母細胞」を破壊する必要があり、医療レーザーを利用した永久脱毛や、電気針を利用した永久脱毛が必要になります。

自分で処理するとお肌が荒れてしまって・・・

ムダ毛の自己処理の場面では、カミソリ脱毛ワックス脱毛クリーム毛抜きなどを使われることが多いかと思います。

カミソリ
肌の健康に必要な角質層まで削り取ってしまうことが多い、また、埋没毛の原因にも
脱毛ワックス・クリーム
肌への刺激が強くいため肌荒れの原因に
毛抜き
埋没毛などによる肌荒れの原因に

以上のように、自己処理では目に見える費用は安価ですが、肌荒れやストレスなど様々な問題を抱えています。

医療レーザー脱毛電気針脱毛といった永久脱毛ではそういった肌荒れが起こるケースは少なく、また、医療レーザー脱毛で美白出来るなど良いこともありますよ。

どうして毛が濃くなるのかな?

よく「毛の本数が増えた」とか「(毛を剃ると)毛が太くなった」というお悩みを聞きますが、実際はそういったことはなく、錯覚によるものです。というのも、毛包の数は、胎児の時に作られる数で決まり、成長の過程で増えるものではないため毛の本数が増えるということはありません。同様に「毛の太さ」についても基本的には変わりませんので、毛を剃ることによって、先端の細い部分が取り除かれることや、毛の断面が見えるようになることから「太くなった」と錯覚を起こしているものです。

「体毛が濃くなる」とか「ムダ毛が増える」というのは、毛の成長に影響のある『性ホルモン』の分泌量の変化(成長<遺伝>によるもの、薬の副作用によるもの、代謝異常などが原因にあげられます)によって色素が増え、硬く太くなる(硬毛化といいます)ことが原因です。したがって、性ホルモンの分泌量が多くなる思春期や、逆に女性では女性ホルモンの分泌量が減ってくる更年期を過ぎた辺りに「毛が濃くなる」という現象が起こることが多いようです。

多毛症の場合にはホルモン治療によることも可能ですが、最近では医療レーザーによる永久脱毛の方が副作用や安全面で優れているとされそちらを行う方が増えてきています。

まだまだ他にも・・・

自己処理の方法と長所・短所

Copyright(c) 2006-2017 永久脱毛のすすめ.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com