現在地 :
>
>
>
自己処理の方法と長所・短所

家庭でのムダ毛の自己処理の方法と長所・短所

家庭でムダ毛を自分で処理する方法の種類とメリット・デメリットについて

家庭で行うムダ毛の自己処理

現在このサイトをご覧いただいている方の多くは、現在または過去においてムダ毛を家庭で自己処理している(いた)方であると思われます。
家庭でのムダ毛の自己処理は、以下のタイプにわけられますが、皆さんも感じておられるとおり、いずれの手法をとっても、「肌荒れ」や「埋没毛」など、何らかの欠点が存在することは事実です。

  1. 抜くタイプ ~ 電気脱毛器、毛抜き脱毛テープ
  2. 剃るタイプ ~ かみそり、(電気)シェーバー
  3. 専用機器 ~ 家庭用電気・レーザー脱毛機

時間を気にすることなく、自分の好きな時間に処理出来ることや、当面の費用が安価であることから、ムダ毛を自己処理している方がまたまだ多いのが現状ですが、時代の流れによって、男女問わず、容姿などへの自己投資意欲が高まり、永久脱毛を行う方が増えてきています。

自己処理の方法には、大きくわけて次のようにわけられます。

毛を毛根部分から全て抜去するもの
電気脱毛機や毛抜きによる抜毛、脱毛ワックス・テープ・ジェルによる脱毛
皮フ表面に出ている毛を除去するもの
カミソリやシェーバーによる剃毛や、除毛剤を用いた脱毛
皮フ表面に出ている毛を目立たなくするもの
脱色剤によって、皮膚の表面に出ている毛の色を抜く方法(脱毛ではありません)

自己処理の方法の比較(長所と短所)

  永久
効果
痛み 肌の
影響
脱毛
頻度
費用 時間
カミソリ × ×
毛抜き × ×~△ ×
電動脱毛機 × ×~△
脱毛クリーム × × ×
脱毛ワックス × ×~△
(参考比較)専門の医療機関で行う永久脱毛
電気絶縁針 ×~△ △~○ × ×
医療レーザー △~○

 

カミソリ、電気シェーバーで剃る

毛の見えている部分だけを取り除くため、全ての部位で簡単に出来ることと痛みがないことが長所ですが、毛と一緒に皮膚も削り取られるため肌荒れをひきおこすことがあったり、すぐに毛が再生するため効果が長続きしないというデメリットもあります。また、毛の断面が見えるようになるため、黒いボツボツ感が残る場合があります。

毛抜き・電気脱毛機やテープ、ワックスで抜く

毛を毛根部分から取り去るため、カミソリ等で剃る場合と比較して綺麗に仕上がり、効果は長持ちしますが、毛抜きで行う場合は1本1本の手間がかかり、また、毛根から取り去るため痛みも大きいというデメリットがあります。脱毛処理時に皮膚の中で毛が切れてしまうこともあり、埋没毛の原因になることもあります。

除毛剤により毛を溶かす

薬品によって毛の見える部分を科学分解して除去するため、痛みはなく、また、全身の殆どの部位に使用出来るというメリットがありますが、剃毛と同じく、毛根部を残すため再生が速く、また、お肌の弱い方は除毛剤が原因で肌荒れなどのトラブルを引き起こす場合があります。

脱色剤により色を抜く

痛みを伴わずに目立たなくするだけ、という効果しかなく、当然、皮膚の中にある部分の毛は脱色されないため、毛が伸びることによってすぐに目立つようになってしまいます。また、除毛剤と同様にお肌の弱い方は肌荒れなどのトラブルを引き起こす場合があります。

脱毛クリーム・クリーム・ワックス・ジェル

Copyright(c) 2006-2017 永久脱毛のすすめ.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com