現在地 :
>
>
各脱毛方法の比較

永久脱毛法や家庭での自己処理法の比較

医療レーザー脱毛と電気絶縁針脱毛など様々な脱毛方法の比較をします

永久脱毛方法の比較 医療レーザー脱毛 VS 電気絶縁針脱毛

ここでは、永久脱毛として、その効果に実績のある「医療レーザーを利用した永久脱毛」と「電気絶縁針を利用した永久脱毛」の2つを比較してみます。

  医療レーザー脱毛 電気絶縁針脱毛
痛み 医療レーザーは痛みが少ないのが特徴。
毛包に熱を与えて毛を生えなくするため、個人差やレーザーの出力度合によって差はあるものの若干の痛みはあります。ただ、その痛みはかなり少なく、輪ゴムをはじいた程度の痛みと言われています。
「絶縁針(ぜつえんばり)」という医療用具を毛1本1本の毛穴に差し込むように入れ、毛根や毛乳頭に高周波や弱い電気を流して破壊するため、通電の際に痛みを感じます。なお、痛みを和らげるため「冷却法」や「麻酔法」という方法もあります。
時間 レーザー脱毛は1回の照射で直径約1~1.5cmの範囲の脱毛が可能で、1分間に60~120回連続照射することができるため、例えば両脇なら5~10分程度で終了します。 毛穴1本1本に対して行うため、非常に時間がかかります。両脇で1時間~1時間半前後かかります。
費用 安い 高い
その他
  • 広範囲で脱毛出来る
  • 治療前にムダ毛を伸ばす必要がない
  • 日焼けや色素沈着があると出来ない場合がある
  • 産毛や白髪には対応が難しい
  • 治療後1週間程度は日焼け出来ない
  • 治療前にムダ毛の処理は出来ない
  • 日焼けや色素沈着があっても脱毛可能
  • 産毛や白髪も脱毛出来る
  • 1本単位で確実に脱毛出来る
  • 治療後に毛穴が赤く腫れることがある

どこで(永久)脱毛する?

Copyright(c) 2006-2017 永久脱毛のすすめ.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com