現在地 :
>
>
>
電気脱毛の方法と種類

電気脱毛による永久脱毛の方法と種類

電気絶縁針やニードルを使用した電気脱毛と呼ばれる永久脱毛について、その方法と種類を説明します

電気脱毛の方法について

電気脱毛には、次の3つの方法があります。

高周波法
1924年にフランスで考案された方法で、毛穴に差し込んだ針に高周波の電気を流すことによって、発毛組織を凝固させて機能させなくすることで永久脱毛を達成する方法です。電気分解法に比べて処理時間が早いというメリットを持っています。
また、更に細分化して、次のように分けられることもあります。
○ フラッシュ法 ~ 出力を高くして時間を短縮する方法
○ マニュアル法 ~ 出力を落として長い時間電流を流す方法
電気分解法(流電法や熱解離法と呼ばれる場合もあります)
1875年にアメリカの眼科医”チャールズ・E・ミッチェル博士”が逆さ睫毛の治療法として使用されたのが最初で、毛穴に差し込んだ針に直流の弱電流を流すことによって組織液を電気分解し、その電気分解作用でできるアルカリ液(水酸化ナトリウム)によって発毛組織を破壊し永久脱毛を達成する方法です。
ブレンド法(コンビネーション法と呼ばれる場合もあります)
1948年に、”アーサー・R・ヒンケル”氏と”ヘンリー・E・セイント・ピエール”氏によって、高周波法と電気分解法それぞれの長所を生かし欠点を補うために、2つの脱毛方法を組み合わせる形で発明された永久脱毛法です。
そして、いわゆる電気脱毛ではこの「ブレンド法」が主流となっており、単に「電気脱毛」という場合には、このブレンド法を指すことが多いです。
毛包にプローブ又はニードルと呼ばれる針を挿入し、微量の電流を流すことによって毛をつくる組織を破壊しますので、基本的な施術方法は同じ(どれも毛穴に針を刺す)です。

また、針に電気または高周波を流して行われる永久脱毛法には、針の特徴から次の2つにわけられます。

電気絶縁針脱毛で使われる針の特徴

電気絶縁針とは、毛穴に差し込む針の表面(皮膚に触れる部分)に特殊なコーティングを施し、皮膚に直接電気や高周波があたらないようにされている針です。
このコーティングによって、次のようなメリットがあります。

  1. 炎症や色素沈着といったトラブルの減少
  2. より強い電気や電流を流せるようになることで、毛根部をより確実に破壊することができる
電気絶縁針脱毛で永久脱毛が行われているところは?
エステティックサロンでは電気絶縁針の使用が禁止されていますので、皮膚科や美容外科といった医療機関に限定されます。
電気絶縁針脱毛の永久性
現在では、医療レーザー脱毛の波におされて下火になっている施術法ですが、医療レーザー脱毛が開発される前の主流脱毛方法であり、歴史も古く、その永久性の実績があります。

ニードル(電気針)脱毛で使われる針の特徴

毛穴に差し込む針に(絶緑針のような)電気を通さないコーティング加工がされていないため、電気絶縁針脱毛と反対に次のようなといった特徴があります。

  1. 炎症や色素沈着を起こすケースが電気絶縁針よりも多い
  2. 弱い電気または高周波を使用せざるをえないため、電気絶縁針よりも確実性が劣る
  3. 金属アレルギー防止の観点から、チタンや金で表面加工されているものが主流である
ニードル(電気針)脱毛で永久脱毛が行われているところは?
エステティックサロンでは電気絶縁針の使用が禁止されていますので、エステティックサロンで電気針脱毛といえばこちらのニードル脱毛ということになります。
皮膚科や美容外科でもニードル脱毛を行っているところもあるでしょうが、電気絶縁針の方がトラブル等がすくないため、電気絶縁針を使用しているケースが多いようです。
ニードル(電気針)脱毛の実際
この方法で永久脱毛をされる方の殆どがエステティックサロンで施術を受けることになるのでしょうが、当然、医療機関ではないため「麻酔」も使えませんので、施術時の痛みも考えなければなりません。
また、万が一の場合(ヤケド)や、出力が弱いために効果や時間に不利であることも考えると、あえて「ニードル脱毛」を選ぶという選択肢は無いでしょう。
ただし、電気絶縁針と同様に脱毛の永久性は(オペレーターが正しく施術を行えば)長い年月をかけて実証されていますので、問題ありません。
※脱毛士になるためには、毛穴の角度や深さに合わせる繊細な手先の感覚や、肌と毛を見極める目、皮膚科学・神経学・電気脱毛学の修得が必要であり、技術的難易度の高さから、年々取得者は減少傾向となっているようです。

電気脱毛のトラブルと医院選びの基準

Copyright(c) 2006-2017 永久脱毛のすすめ.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com